▼江東区内小中学校の給食状況▼

 学校給食の安全性に対し、江東区教育委員会より、こども達の将来に渡る安全を第一に考える保護者の立場にたった指導をいただいております。学校給食に対する不安を少しでも払拭できるよう各学校の現状を下記にまとめています。最新の情報がありましたら、是非ご連絡ください。

※情報をお寄せいただければ随時UPさせていただきます(匿名で大丈夫です)。mailto:info.koto.kodomomamoru@gmail.comまでよろしくお願い致します。

 

給食の放射性物質の事前検査が7月からスタートします! 

http://sankei.jp.msn.com/region/news/120607/tky12060722000026-n1.htm

 江東区は7日、区内公立小中学校で使う給食の食材について、7月から放射性物質を事前に検査すると発表しました。区の単独事業として事前検査は23区で初めてです。

 調理する前日に納入業者が搬入し検査。即日結果が出て、基準値を超えた食材は翌日の献立から外し、代替の食材で給食を調理に使います。検査は来年3月まで16回実施。1回につき農産物、水産物、食肉など東日本産を中心に5検体を選び、セシウム、ヨウ素を測定、結果は区のホームページと区報で公表するそうです。

 
   

1.セシウム汚染牛の区内給食使用情報

 江東区立第三亀戸中学校にて4月18日に給食の食材の一部として提供された牛が放射性セシウムによって汚染されていた可能性が、8月に江東区によって公表されました。江東区は「健康に影響を及ぼすとは考えられません」と公表しておりますが、汚染の原因となった稲わらと同様に路地で栽培されている野菜等の食材についても、食べた後に知らされる可能性があることに不安を持ちます。

2.給食食材の産地公開について

 給食食材の産地に関しましては、江東区教育委員会より区内の全小・中学校の学校長宛てに「保護者の不安に対してこたえるべく、産地の公開を行うこと」という通達が出されています。教育委員会教育保健係では、現時点で産地公開が不十分な場合、保護者からの声があれば、各学校長へ電話で指導くださいます。 江東区教育委員会給食保健係TEL.03-3647-9170(代表)

 

→→→深川小学校のWEB産地公開(ほぼ毎日更新)

→→→第五大島小学校のWEB産地公開(毎日更新)

→→→第三亀戸中学校のWEB産地公開(1週間ごと更新)

→→→枝川小学校のWEB産地公開(給食だより2枚目PDF)

→→→区内で使われた給食食材の産地一覧データベースはこちら

 

▲牛乳に関しましては江東区では主にメグミルク(野田工場)を使用しています。

 メグミルクの放射能汚染対応状況はこちら 

 

▲米は東京都給食会からの一括購入をしており、現在は下記が使用されています。

 (ただし一部の学校では独自の購入をしているところもありますので

  詳しくは各学校におたずねください。)

 白米……青森産つがるロマン(放射性物質不検出)

 強化米…岡山産  麦………21.22年度宮城、栃木、福井、富山、群馬、長野、新潟産

 

3.弁当・水筒持参について

 江東区教育委員会より、3月と7月に江東区内の全小・中学校長宛てに、保護者の希望があれば弁当・水筒持参を受け入れるよう通達が出されています。また給食費に関しても弁当持参の家庭に関しては月ごとで精算、給食を食べてない月は支払いなしとすることという通達が出ております。こどもにお弁当・水筒を持たせたいという保護者の方々は学校にお問い合わせください。またそれで拒否をされた場合は是非教育委員会給食保健係までご相談いただければ学校側へ指導をしていただけます。 →江東区教育委員会給食保健係TEL.03-3647-9170(代表)

 

区内で給食献立のお弁当を作られている方に参考になりそうなサイト

第一大島小学校・・・給食献立の写真が月ごとに掲載されています。

深川小学校・・・・・給食献立の写真が月ごとに掲載されています。産地も表記あり。


4.区内小・中学校の、産地公開および弁当水筒持参状況

2012年5月17日現在

※評価は4段階 ◎、○、△、×

小学校名 産地公開 弁当水筒持参

評価と備考

明治小学校

10/4更新

毎日給食室横の献立表&サンプルの所に産地公開していて保護者もいつでも見に来てよい。牛肉については現在使用していない。 産地についてはなるべく放射性物質の影響の無いように、気をつけて仕入れをしているとのこと。 弁当持参可能。事前に献立表を配っているので、この日は心配だ・・・という日があれば、お弁当に・・・というような臨機応変な対応も可能。牛乳の拒否も可能。その際は水筒持参で中身はお茶・お水。

大切なこどもたちを保護者と同じ目線で守っていこうというスタンスである上、さらに、保護者の不安な気持ちにも配慮くださっている。 あえていうならば、産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性はある。

※夏期のプール学習の際、プールサイドでの見学の際に熱中症や放射性物質への懸念から、図書室を開放してそこでの見学OKにしていた。

深川小学校

1/19太字部分更新

食材産地を調理室前に掲示。 水筒の持参は4月より可。牛乳拒否も可。

産地公開はWEBでほぼ毎日更新されている

八名川小学校 公開なし。今後も予定なし。   ×
臨海小学校 公開なし。  少なくとも通達を受けての学校側からの告知等はなし。牛乳拒否は可。ただし給食費の差引はなし。水筒持参は熱中症対策のため今は持って行くことが必須。

×

基本的には市場に出回っている食材は安全という基準です。さらに、学校では、食材の産地等を確認してより安全対策をしています。牛肉については、学校給食ではほとんど使用していませんでした(学校側の給食の食材の安全基準に対する回答)。

越中島小学校

9/26更新

当日の給食サンプルとともに給食室前に掲示。保護者が日々確認することは困難。個別の問い合わせには対応可。 個別対応。希望があれば自己責任で持参は可能。
学校から持参可能の旨の通知はなし。持参した弁当・水筒を学校側で完全に管理する体制は無く、
食中毒や異物混入等に対して児童が自己管理することになるため、全校に通知はしていないとのこと。実際に持参している児童もいるがごく少数(7月現在)。給食費精算については未確認。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。

数矢小学校

10/25更新

 毎日給食室前のサンプルの所で産地公開していて保護者もいつでも見に来てよい。産地をみる限り、関東、東北を避け、なるべく放射性物質の影響の無いようにしているように感じる。 学校側からの告知等はなし。牛乳拒否は可。ただし給食費の差引はなし。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。 

平久小学校

9/29更新

給食室前に「前日分」の産地を分かる範囲のみ記載。   水筒はNG(夏休み前)。弁当は、アレルギー理由ではOK.

×に近い△

産地公開が保護者にわかりやすい形で公開されればもっとよい。食材に関しても、国の基準で大丈夫というスタンス。

東陽小学校      

南陽小学校

10/20太字部分追加

  

今は給食前の黒板に掲示のみだが、保護者へ直接情報が届く方法(プリント)を検討中→10月より学校から配布される献立表の裏に一カ月分の食材の産地がまとめて掲載され各家庭に配布。  保護者の申し出に添うように配慮している。費用については、牛乳返金なし。弁当の場合はひと月単位で学年末に精算。 気になる献立の日のみおにぎり等持参も可。

食材は栄養士が区内の業者を中心に調達。福島産を避けるよう配慮をしている。予定していた産地を変更し調達するなど臨機応変な対応もあり。

問い合わせには個別対応。

川南小学校      
扇橋小学校 公開なし。今後も予定なし    ×
元加賀小学校 問い合わせがあった場合、翌日には対応OK。全体への公開はいまのところ考えていない。  

×に近い△

産地公開は区からの通達であるので早急に対応すべき事項。

毛利小学校

9/28更新

9/20から給食室前の掲示黒板で公開。尚、お米はH23年度の新潟県産米(放射性物質の検査済み)を9/28から使用。

 

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。 

東川小学校

11/16太字部分追加

産地一覧は当日給食室の前に貼り出されるのみ。前月分の産地一覧をまとめたプリントは希望者のみもらえる。 弁当持参可。現在全校で6名が持参している。牛乳も4月時点より拒否可。水筒も3月の東京水道水汚染以来持参可。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。

校舎工事により全員弁当持参だったが、工事が完了し11月15日より給食再開。

11月は11日間のうち「干し椎茸」の使用が4回あり。

豊洲小学校

2月13日太字更新

掲示場所:ランチルーム廊下の掲示板(児童・保護者が利用する昇降口に面している)。加工品を除く全食材が対象。当日もしくは前日分まで掲示。

弁当水筒持参可。

給食費の支払いも必要なし。気になる食材のとき等のみの弁当持参可能。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。

豊洲北小学校      
東雲小学校      

有明小学校

10/6更新

産地公開は野菜のみ。当日、2階廊下のガラスケースに見本(実物)と共に掲示。肉類や米、パン等の表記なし。電話での問いあわせには栄養士が個別に対応。 熱中症対策として水筒持参可(9/30まで)。水筒の中身はお茶か水のみ。給食辞退の弁当、水筒持参は、連絡帳に書けばOK。牛乳のみ辞退も可。

給食だよりでは「市場に出ている食材は国の基準を守っているので安全です。」との事。
産地公開も保護者が毎日事前に確認するのは難しく、基本的に関東の野菜が多いようす。
外国人の子供もいるので複数の子供がお弁当持参のクラスもあり、牛乳のみ拒否している子供も多い様子。

枝川小学校

10/19太字追加

給食室前の黒板にて当日掲示。 また今後月1回の「給食だより」にて まとめて通知をしている。

また、この「給食だより」はWEBにて公開されている。 

弁当水筒持参可。 牛乳拒否も可。 給食費は弁当持参の場合、月で精算。引き落とし停止。弁当持参に関しては学校側より「職員室で預かることも可能」とお話をいただけた。

○ 

事前に44Bq/kgの栗(茨城産)とわかっていながら他の産地の栗を発注することもせず10/7の給食で使用したその後学校長判断で安全な給食へ向けてのいくつかの試みを開始。

辰巳小学校      

第二辰巳小学校

10/5更新

産地公開は米野菜のみ(保健室前に貼りだし)。肉魚については保健の先生に尋ねるとプリントでお知らせがもらえる。

水筒・弁当持参可能。

産地公開は保護者の目に届くよう配慮が欲しい。肉魚についての表示がない理由が不明。※毎年恒例の生徒が自分で作って食べる収穫祭では、保護者会での保護者の申し出により、サツマイモ2kgを区に提出し調べて貰えることになりました。

第一亀戸小学校      
第二亀戸小学校      
香取小学校      

浅間竪川小学校

10/31太字部分追加

公開なし。「給食は安全です」とのプリントが全児童に配られる →給食室横に産地表示(保護者への通知はしない)→実際は1週間前の産地を掲示してあるのみ→給食予定献立表に牛乳と、にんにく、しょうが、白菜など野菜22品目、果実2品目について産地が書かれていて、変更があるときには再度一階廊下に掲示する予定。

熱中症対策として水筒持参可。9/30まで。→水筒持参は連絡帳に記入すれば9月30日以降も認められるようになった。牛乳拒否も認められているケースもある。

弁当持参は個別相談に応じる。

 

弁当持参は可であるが、給食は安全なのになぜという対応。食材は、区側から安全と言われているから使用している(全て検査されているはず)。八王子元気農場の食材も安全。

水神小学校      
第一大島小学校      

第二大島小学校

10/11更新

その日の献立に使われる食材の産地を、給食の時間までに給食室前の廊下に展示(ただし学校側から上記の連絡はなかった)。

水筒は基本的には10月まで持参OKだったが
それ以降も希望すれば持参しても良いとの事。

給食の牛乳も個人的に拒否可。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。 

第三大島小学校

10/31太字部分更新 

ランチルーム前に当日午前10時に産地を掲示 。牛肉は9月から使われていない様子。 熱中症対策として水筒持参可→10月上旬現在でも持参生徒がいるようす。 

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。野菜は関東のものも使用されている。 

第四大島小学校      

第五大島小学校

1/19太字部分追加

WEBでの産地公開開始

水筒不可。

WEB公開されているのが親切。

大島南央小学校

5/17更新

  弁当・水筒持参可能  
砂町小学校      
第二砂町小学校      
第三砂町小学校      
第四砂町小学校      

第五砂町小学校

10/20更新

毎日学校にて掲示されているとともに、お願いすれば個別に「食品検収表」というその日の仕入れ野菜やその日調理で使う調味料などが書かれた表をコピーをもらえる。 水筒弁当共に可。牛乳拒否も可。給食献立表を見て「食べさせたくない」 と思う日があれば単発的に弁当も可。(給食費の返金なし。) 一カ月、まるまる給食を拒否した場合は給食費の支払いはなし。

検収表のコピーを配布にや単発的な弁当の許可には保護者の立場に立った配慮を感じる。不安に思った保護者に対して適宜対応していただける。

食材産地は福島産は避けている。

第六砂町小学校      

第七砂町小学校

10/6太字部分更新

毎日給食室前に食材の産地を掲示 水筒に関して希望があれば個別に応じる 

学校の水道は水道管から直結で、区教育委員会から安全で飲用に問題ないと言われているので、児童の飲用や給食でも水道水を利用している、と10月の給食だよりに記載あり。

小名木川小学校      
東砂小学校      
北砂小学校      

南砂小学校

10/31更新 

校内に掲示(1F保健室横あたり) 水筒持参の希望があれば可。牛乳持参は個別に相談で可。

産地公開はWEB等保護者の目に届きやすい形にする必要性がある。

希望に対しての理解はあり、要望があれば対応もあるが、公表(掲示の有無や水筒持参可否)はあえてしていない。

亀高小学校      
中学校名 産地公開 弁当水筒持参  評価と備考
深川第一中学校      
深川第二中学校      

深川第三中学校

9/29更新

学校玄関前と給食室前で当日のメニューと共に公開 弁当については不明、水筒はOK

学校玄関というのが微妙ではあるが、一応保護者向けに伝えようとしているように思える。

深川第四中学校      
深川第五中学校      
深川第六中学校       
深川第七中学校      

深川第八中学校

5/11太字部分更新 

職員室前に産地掲示あり。希望者にはコピー配布も可能。 弁当(デザート含む)・水筒持参可能。ジュース等はNG。牛乳拒否可能。ただし気になる献立の日のみお弁当や、この日だけは給食という選択は不可。お弁当を持ってくる場合はその子に対してからかったり、いじめがないよう努めていくとのこと。

放射性物質の影響のないように徹底しているそうで、どのように野菜などの食材を扱っているか、除去しているかなどプリントで説明してくださったそうです。

(生徒さん自ら情報をご提供くださいました)

有明中学校       
辰巳中学校      
東陽中学校      

亀戸中学校

9/22更新

 10月1日からHP上で公開するとともに、給食便り等の紙面上でも公開する方向。 水筒持参可
第二亀戸中学校      

第三亀戸中学校

WEBページにて公開。校内掲示もあり 水筒持参可

WEB公開は区内小中学校の中では一番早かった

大島中学校      
第二大島中学校      
大島西中学校      
砂町中学校      
第二砂町中学校      
第三砂町中学校      
第四砂町中学校       
南砂中学校      
第二南砂中学校      

ここから商品をご購入された金額の一部が、私たちの活動資金となります。ご協力をお願いいたします。