食品の放射線基準見直し、子どもはより厳しく 首相意向

食品の放射線基準見直し、子どもはより厳しく 首相意向

http://www.asahi.com/politics/update/0929/TKY201109290137.html

(2011年9月29日朝日新聞)

 

 野田佳彦首相は29日の参院予算委員会で、東京電力福島第一原発事故への対応について「国民の健康、特に食べ物の安全の確保を最優先にする。とりわけ子どもの健康には留意する」と述べ、政府で検討している食品ごとの放射性物質の基準値の見直しをめぐり、子どもに配慮してより厳しい基準を設ける必要性を強調した。

 民主党の風間直樹氏への答弁。首相は「食品の安全性をさらに確保するために、いまの暫定規制値(基準値)に代わる新たな規制値をしっかり設定することが大事だ」と述べた。

 放射性物質の基準値をめぐっては、政府の食品安全委員会が「生涯累積100ミリシーベルト」という案を示している。厚生労働省は今後の同委の答申を受け、食品ごとの基準値見直しの具体的検討に入る。

 

 子どもにより厳しい基準の設定、早く実現するといいですね。

それと同時に子どもが口に入れるすべての食品に関して、検査そのものが漏れなく実施されるよう しっかり見つめていくことも、今後必要になると思われます。

 

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

ここから商品をご購入された金額の一部が、私たちの活動資金となります。ご協力をお願いいたします。