ホットスポットからこどもたちを守るため行政に声を発しましょう

泰明小で基準超の線量 中央幼稚園の雨どい下でも   (2011年10月25日 東京新聞)

 

 中央区は二十四日、区立泰明小学校(銀座五)と中央幼稚園(湊二)の敷地内の排水溝などで放射線量を測ったところ、国が除染を行う基準としている毎時〇・二三マイクロシーベルト(一マイクロはミリの千分の一)を超える場所が見つかり、除染作業を実施したと発表した。

 

 区によると、二十一日に同小グラウンドの排水溝の一部で、毎時〇・三一マイクロシーベルトを測定。二十二日に高圧洗浄による除染をした結果、同〇・二二マイクロシーベルトに下がった。しかし、その脇のアスファルト部分で同〇・八〇マイクロシーベルトを検出。再度除染したが、同〇・五六マイクロシーベルトまでしか下がらなかった。

 

 同幼稚園でも二十一日に雨どいの下二カ所で、同〇・五六マイクロシーベルトと同〇・四二マイクロシーベルトを検出。除染の結果、一カ所は同〇・二二マイクロシーベルトに下がったが、もう一カ所のアスファルト部分は同〇・四六マイクロシーベルトまでしか下がらなかった。

 区は児童らが立ち入らないようにしたほか、今後アスファルトの入れ替えを予定している。

 区は各地で局所的に高い放射線量が検出されている問題を受け、二十一日から学校や公園で排水溝や植え込みなどの調査を始めたところだった。  

-----------------------------------------------------------------------------------------

 東北・関東・中部で広域にわたって次々と放射線量の高い「マイクロホットスポット」が発見されていますが、ついに隣の中央区の小学校からも高線量箇所が見つかったというニュースです。中央区では各地で局所的に高い放射線量が検出されている問題を受け、二十一日から学校や公園で排水溝や植え込みなどの調査を始めたところだったそうですが、開始後すぐにこのようなホットスポットを発見したということは、今後もこのような箇所が続出する可能性があります。

 江東区でも中央区にならって、学校や幼稚園、保育園等、こどもたちの生活するエリアから早急に放射線量を調査してもらえうよう、みなさんで声を出しましょう。行政を動かすのは区民一人ひとりの声の力です。 ホットスポットからこどもたちを守りましょう。

[区立保育園]保育課保育係 電話(3647)9094
[区立以外の保育園]保育課指導係 電話(3647)9084
[幼稚園小中学校]教育委員会 電話(3647)9170

 

 

 

ここから商品をご購入された金額の一部が、私たちの活動資金となります。ご協力をお願いいたします。