東京都国立市で給食食材の使用前測定が開始されました!

 先日のブログにて給食牛乳よりセシウム検出をお知らせしました東京都国立市ですが、2月27日(月)より、給食食材ならびに牛乳において、食べる前の測定が開始されました。これは国立市の給食センター内で毎日行われるようです。

 

 本日朝の時点で、既に2月29日(水)までの結果が公表されていますが、牛乳・食材ともに全て不検出(検出限界値10Bq/kg)となっております。

 

 現在色々な自治体や民間団体等で給食の安全性が模索されているなか、食べる前の測定が保護者にとっては一層安心出来るものなのではないでしょうか。江東区のように自校式給食の場合、コスト的にも人的にも困難が多くなることは容易に予想されますが、官民協力し合って国立市のようなこどもたちに寄り添った対応に少しでも近づけることをのぞみます

 

(参考URL)

国立市 学校給食食材の放射性物質測定結果

国立市(給食センター)による検査

http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/kyoiku/kyushoku/004827.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ここから商品をご購入された金額の一部が、私たちの活動資金となります。ご協力をお願いいたします。